UP!新ヨコ|【公式】ソルティア新横浜 神奈川県横浜市の新築分譲マンション

新横浜駅前新横浜駅前(約710m/徒歩9分)
掲載の環境写真は2018年2月に撮影したものです。一部CG加工を施しております。

2018年のSUUMO住みたい街ランキングで第1位を獲得した「横浜」。
その魅力を身近に感じつつ、ショッピングやエンターテインメントを楽しめる「新横浜」。
いまも心地よい暮らしを叶えるこの街が、2022年の新駅開業や新線開通で、
さらに生まれ変わろうとしています。

将来、毎日がどんなふうに便利になる?「ソルティア新横浜」の将来性は?
心がきっとUP!する、「新ヨコ」のミライをご紹介します。

2018年のSUUMOの住みたい街ランキングで横浜がついに第1位を獲得しました。新横浜は、駅は違いますが同じ横浜市内であり、横浜の魅力を身近に感じることができる場所です。さらに新線でつながる相鉄線・東横線の両線も「横浜」駅へ乗り入れているため横浜へのアクセスが向上します。

2022年度の新駅開業にあわせ、相鉄・東急直通線が開通予定。それにより新横浜も東急線沿線に仲間入り!「新横浜」に乗り入れる東急東横線は、SUUMOの住みたい沿線ランキングでも常に上位にランクインする人気の路線。その魅力は何と言っても、渋谷や代官山、自由が丘などの高感度スポットが沿線に多いこと、そして今後の発展性。東横線・目黒線の東急2路線の沿線となることで、さらに発展する新横浜に注目が集まっています。

新駅が誕生する(2022年度予定)のは、現在の「新横浜」駅からのびるペデストリアンデッキ周辺の地下。「ソルティア新横浜」からは、新横浜のメインストリートである環状2号線を直進した場所にあたります。


2018年の住みたい沿線ランキングで第2位を獲得した東急東横線。東急7路線のマンション価格の比較において、この10年でもっとも価格が上昇しているのが東横線で、路線の人気の高さが不動産価値にも関連していると考えられます。東横線が乗り入れ予定の「新横浜」駅物件への期待値も高まります。

東海道新幹線JR横浜線市営地下鉄ブルーラインが利用できる「新横浜」駅。2019年度に相鉄・JR直通線、2022年度には先述の相鉄・東急直通線が開通予定です。2019年度に新設される隣駅「羽沢横浜国大」駅からは相鉄線がJR横須賀線に乗り入れるため、同駅を利用すれば都心へのアクセスはさらに良好に。複数路線が利用できれば、電車のトラブルなどによる遅延の際に違う路線が利用できるといったメリットがあります。

※掲載の電車所要時間は現在のものです。新駅実用化後のものではありません。

新駅開業・新線開通への期待を反映するかのように、近年では新横浜エリアの不動産の人気が高まり続けています。それに呼応するように公示地価もここ数年、上昇を続けています。また、新築分譲マンションの物件価格にも上昇傾向が見られます。



2017年3月の横浜北線完成に続き、2021年度には横浜環状北西線も開通予定。東名高速道路にアクセスしやすくなることで、ドライブやレジャーも、さらに便利になりそうです。

1964年、新幹線停車場として整備されたのと同時期に土地区画整理事業の都市計画が決まったことで、発展が大いに進んだ新横浜。以来、再開発の先駆けともいえる街づくりが実施されてきました。さらに、「ソルティア新横浜」のある駅北口に続き、「新横浜駅南口駅前地区再開発」も計画中。新横浜は、これからも進化を続けていきます。

一般的に大規模な再開発がなされた街は、都市機能が集積することで利便性が向上するほか、区画整理されることで美しい景観も保たれるなど、不動産の需要が高まる傾向に。不動産価値を高水準で維持している事例が多くあります。

神奈川県内の主な再開発エリアのマンション価格の推移

2009年1月~2018年6月15日までのMRC調査・捕捉に基づく分譲マンションデータの範囲内:MRC調べ

駅や路線の動向は、不動産価値を左右する大きな要因のひとつといえます、過去の事例を見ても、新駅開業や新線開通・相互乗り入れの開始で不動産価値が変化した事例は数多くあります。利便性が高いエリアほど、上昇するケースが多い傾向にあるようです。

 

ビジネスエリアの駅徒10分圏内等、「ソルティア新横浜」にはさまざまなポテンシャルがあります。
さらに将来に向けて価値向上の条件が多彩に揃っていることも魅力です。

資料請求はこちら

来場予約はこちら

※掲載の所要時間に乗り換え時間等は含まれておりません。また、所要時間は時間帯、交通事情等によって異なります。※「横浜」駅へ…11分(通勤時11分) 市営地下鉄ブルーライン利用※「恵比寿」駅へ…20分(通勤時26分) JR横浜線利用、「菊名」駅で東急東横線通勤特急、「中目黒」駅で東京メトロ日比谷線に乗り換え※「吉祥寺」駅へ…38分(通勤時47分) JR横浜線利用、「菊名」駅で東急東横線特急、「渋谷」駅で京王井の頭線急行に乗り換え※「品川」駅へ…19分(通勤時22分) JR横浜線利用、「菊名」駅で東急東横線通勤特急、「武蔵小杉」駅でJR横須賀線に乗り換え※「池袋」駅へ…36分(通勤時43分) JR横浜線利用、「菊名」駅で東急東横線特急に乗り換え※「武蔵小杉」駅へ…9分(通勤時10分) JR横浜線利用、「菊名」駅で東急東横線特急に乗り換え※「新宿」駅へ…28分(通勤時34分) JR横浜線利用、「菊名」駅で東急東横線特急乗り換え、「渋谷」駅でJR山手線に乗り換え※「目黒」駅へ…24分(通勤時28分) JR横浜線利用、「菊名」駅で東急東横線急行乗り換え、「日吉」駅で東急目黒線急行に乗り換え※「大宮」駅へ…60分(通勤時63分) JR横浜線利用、「菊名」駅で東急東横線急行に乗り換え、「武蔵小杉」駅でJR湘南新宿ライン快速に乗り換え※「浦和」駅へ…53分(通勤時56分) JR横浜線利用、「菊名」駅で東急東横線急行に乗り換え、「武蔵小杉」駅でJR湘南新宿ライン快速に乗り換え
※出典:独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構ホームページより
※相鉄・東急直通線については2022年度開業予定、相鉄・JR直通線については2019年度開業予定。
※横浜環状北西線については2021年度開業予定。
※出典:首都高速道路株式会社ホームページより「相鉄・JR直通線」及び「相鉄・東急直通線」については2018年3月時点の独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構が発表した内容に基づいており、今後変更となる場合があります。
※掲載の所要時間は地図上の概測距離より、徒歩分数は80m/分で算出したおよその時間です。

「ソルティア新横浜」に関するお問い合わせは

08001707815

営業時間/10:00〜19:00定休日/水曜日(祝日は営業いたします)

株式会社マリモ

株式会社シティインデックス

▲ページの先頭へ戻る